介護事務というのはどのようなものなのでしょうか?

介護事務というのはどのようなものなのでしょうか?

 

介護事務というのは、主として介護についての全般の事務を取り扱う仕事です。

 

しかしながら、大きく一般の事務とは仕事内容が違っています。

 

まず、主として行われている仕事は介護報酬の請求です。

 

介護保険制度においては、現在自治体や国が9割の費用を負担し、1割を利用者が負担するというような制度になっています。

 

 

介護事務のお仕事をお探しの方はコチラへ

 

 

そのため、介護サービスが実際に行われた時に、介護保険制度に基づき利用者側と自治体や国の負担する金額を計算して、 介護報酬請求書を作って国に請求します。

 

 

 

地域によって介護報酬の内容や金額は違っており、介護サービスの回数や種類などによっても金額がさらに異なってくるため、制度を把握して請求業務を正しく行うことが必要です。

 

また、事務所や施設で電話応対や新しく利用する人の受付、手続きやサービスの説明、サービス利用料を利用者から受領するというような会計の仕事もあります。

 

また、売り上げの計上や帳簿の管理、予算編成というような全般の経理を行う場合もあります。

 

また、ヘルパーの給与の計算や勤怠管理、連絡調整というような管理、利用者の介護プランの立案というような基本的には施設のケアマネージャーの業務を支援することも、大切な介護事務の仕事です。

 

そして、備品や介護用品の発注や保管など、自治体や国、医療機関や別の事業者など関係するところとの連絡調整、それぞれの書類の取りまとめというような庶務の業務も行います。

 

さらに、利用者に代わって、要介護認定などを申請したり、自治体に対して介護手続きを代わりに行ったりする場合もあります。

 

介護事務の仕事はこのように多方面に渡っており、特に複雑な介護報酬の請求の仕事では、知識の専門的なものが必要になってきます。

 

 

 

 

介護事務の資格を取得しよう